実際の探偵のお仕事とは一体どんなものなのか

探偵とはどんな仕事をする職業なの?

おすすめリンク

元彼と復縁するテクニック

不本意に別れてしまった元彼と復縁するための様々なテクニックをご紹介します。ぜひ実践してみよう!

よく耳にする探偵という職業

よくテレビや小説、映画の世界で探偵という職業を目にしますが、イメージとしては難事件を解決したり、犯人を推理で追い詰めるといった印象が強いですね。
そして探偵という職業は実際にも存在しており依頼を持ち込む人も数多くいるようです。
しかし、テレビや映画のイメージとはかなり実際の探偵はかけ離れており、地味で忍耐を要する仕事のようで刑事事件などにかかわることはほぼないといって良いようです。
では実際に存在する探偵という職業の仕事の内容は一体どんなものなのでしょうか。
日本で言うところの探偵とは調査業に関する民間業者という存在になっており、ほとんどの仕事が民事にかかわる調査業務を行うのが探偵という仕事です。
テレビや映画のように刑事事件にかかわることはほとんどないといってよく、主な調査内容としては浮気調査、素行調査、企業や会社の信用調査など多岐にわたり、最近ではストーカーから依頼者を守る仕事や家庭での虐待や暴力事件の調査など民事関係では多くの依頼をこなしており、民事に深く携わる業種として近年探偵のニーズは高まってきているとも言えます。

民事にかかわる部分が大きいため警察では対応できない民事事件に対応できるところが探偵の大きなメリットとして上げられるでしょう。
特に男女関係のトラブルに関しては探偵の出番といえる案件で、探偵の仕事の6割から7割を占めるといわれています。
依頼内容によっては実際に介入することもあるようで探偵のこの手のトラブルに関する信頼度が伺えます。
このサイトでは実際の探偵の仕事内容について深く調べてみたいと思います。