実際の探偵のお仕事とは一体どんなものなのか

>

探偵の実際の業務とはどんなものなのか

実際の探偵の仕事内容とは

では実際の探偵の仕事内容ですが、依頼人からの依頼に従い依頼対象の調査を行うのが大きな仕事の内容といえます。
調査内容は一番多いのが不倫浮気調査で、これは探偵の業務の6割から7割を占めるといわれております。
中には実際に男女関係の問題に介入し解決をするといった所まで踏み込んだ内容の依頼もあるようです。
他には法人からの依頼で企業の信用調査を行うとか、雇用対象の身辺調査をするなど法人からの依頼も多いようです。
また本業とは少し離れますが債務債権関係のアドバイス業務やコンサルタント的な業務もあり、民事に関するかなり細かいところまで業務は及ぶようです。
最近は急増しているストーカーから依頼者を守るといった仕事もあるようで、時代を反映した業務にも対応が求められます。

民事に深くかかわる探偵の仕事

このように探偵の仕事は警察などが介入できない民事の細かいところまで仕事として行うことが出来るため、近年になり依頼者の数は急速に増加しているようです。
最近になって増加しているストーカー被害やインターネットによるサイバー被害なども問題として増加しているので、探偵の仕事というのは時代の変化に対応することを敏感に求められている職業なのではないかと感じます。
実際に日常で起こるトラブルについてすべてを警察にお願いすることはまったく持って不可能といえます。
そのために民事に介入が可能な探偵という職業の需要が高まっているといえるのでしょう。
実際のイメージは異なりますが、ニーズの増加が進んでいる探偵という職業は注目が高まっているのではないかと思います。


この記事をシェアする