実際の探偵のお仕事とは一体どんなものなのか

>

探偵とは一体どんな存在なのか

実際の探偵とはどういうものなのか

実際の探偵はあくまで調査業に関する民間業者の一つであり、業務や仕事の内容はほとんどが民事関係のものになってきます。
なので警察や警備会社などでは対応がしにくい分野の仕事を手がける仕事になるので、依頼者の数は人間関係や社会情勢が複雑になっている現在非常に増加しているとも言えます。
実際に行われている探偵の業務は調査業務がほとんどで調査対象を依頼者の内容に従って調査を行い、調査内容を依頼者に報告するまでが探偵の仕事の範囲となっています。
かなり人間のプライベートな部分まで調査対象となる仕事なので、守秘義務はもちろん発生しますし、依頼人の秘密は絶対に厳守という信用がなくては勤まらない仕事が探偵の仕事なのです。

探偵のイメージと実際のギャップ

しかし探偵に世の中の抱いているイメージは華やかで事件を解決に導いたり事件の犯人を推理で追い詰めていくというようなイメージがほとんどですが、実際の探偵はまったくそんな仕事ではなくあくまで民事に関する事実を調査するということが仕事になっていますので、刑事事件にかかわることはまったくといった良いほど有りません。
逆に調査業務をするということはかなり実際にはとても地味な作業なので、忍耐強く粘り強く仕事を進めることができない人にはとても勤まらない地味でしかもハードな仕事ということがあります。
そうしてみてみると探偵という職業は見た目とのギャップがかなり激しい仕事と言え、ハードな側面が強い職業といえるでしょう。


この記事をシェアする