実際の探偵のお仕事とは一体どんなものなのか

>

実際の探偵のお仕事内容とは一体どんなもの

実際にある探偵という職業

われわれが良く目にするテレビや映画、または小説などの中で探偵の登場するストーリーって結構多いですよね。
そのなかでの探偵は難事件を見事に解決したりその推理力で犯人を追い詰めていくなんていうイメージがあるのですが実際にわれわれが探偵の姿を目撃することはまずないといってよいでしょう。
ではまったくの架空の存在かというとそうではなく、実際に探偵という職業は存在しており日々沢山の探偵が仕事に当たっています。
しかしテレビや映画で見るような探偵というのは実際にはない様で、もっと地道で地味なお仕事のようです。
しかし探偵に依頼を実際にする方の数は意外と多く、最近になって探偵の存在は注目されているといってよいでしょう。

探偵は一体どんな存在でどういう仕事なのか

では探偵とは一体どんな職業でどんな仕事内容なのでしょうか。
そもそも探偵とは国や警察ではなかなか関与することが出来ない民事に関しての依頼を調査することを政府から認められている仕事なのです。
つまり探偵とは民事にかかわる依頼案件を遂行し調査することが大きな仕事なのです。
探偵の仕事はほとんどが調査業務がほとんどを占めます。
映画やテレビのように刑事事件に積極的にかかわる例はほとんどありません。
人脈や足を使った調査が必要になりますので、地味で粘り強い、かなり泥臭い仕事が実際の探偵の存在であるといえます。
ですので依頼対象を逮捕することもないですし、暴力を使ったり武器を使用することもありません。
しかし調査に関しては民事のかなり細かいところまで入り込む仕事なので、依頼人の信用度はかなり高いということが言えます。


この記事をシェアする