覚えておきたい!所得税に関する用語リスト

所得控除とは

所得控除は、所得に税金をかける前に差し引くことができるものです。
納税者の個人的な事情を考えて公平になるようにつくられた制度です。

所得控除の種類として身近なのが配偶者控除と生命保険料控除などです。
なかでも配偶者控除はよく聞くと思いますが、一定の配偶者がいる場合に認められる税金の控除制度です。
よく、パートやアルバイトされている方で給与収入を103万円に収めなきゃという話を聞きますが、103万円を超えると配偶者控除の対象から外されるからなのです。
別名103万円の壁といいます。

気を付けておきたいのは、所得控除はその額を全部税額から引けるというわけではありません。
所得控除をした額に対し税率をかけたり、累進課税によって税率も異なってきます。
最終的に所得控除をしてはじめて課税所得が決まってくるのです。

税額控除と非課税所得

ではよく使われる、税額控除と非課税所得についておはなしします。

税額控除とは、所得税の課税対象となる個人の所得である課税所得に税率をかけたうえで、最後に引かれるものです。
それは、人によって異なっていて、住宅ローンがある人は住宅借入金等特別控除、配偶者がいれば配偶者控除、生命保険に入っていたら生命保険料控除といったように様々な種類があります。
税額控除は所得税から直接引くことができます。

非課税所得は文字通り、所得税に税を課さないよという意味です。
色々な所得がありますが、例えば慰謝料もお金を得るという意味ですが、お仕事をして発生したり、自分から手にしようと思って、望まれたかたちで得たお金ではありませんよね?
このように事情によってはこの所得でさらに所得税を引くのは理不尽だから所得税は引かないよという性格を持っているのが特徴です。


▲ TOPへ戻る