あなたはどんな支払い方法?所得税の払い方と住民税の違い

一番気になる!?所得税の納め方

所得税の支払い方は大きく分けて2通りあります。

一番、メジャーなのが会社からの天引きです。
給料明細に表示されていますが、実は確定した所得税の金額ではありません。

ではそうなると、必要以上に引かれてるのではないかと不安になってきますよね。
その場合は、所得税の過不足を調整する年末調整があるので安心してくださいね。

また、自営業者や無職の人、年金生活者などの場合は確定申告を行います。
また会社員でも収入が2000万円を超えたり、年末調整では対応できない所得がある人などは、確定申告をする必要があります。
ちょっと面倒と感じると思いますが、払いすぎた税金があったときは後日、その分は払い戻してくれるので必ず行いましょうね。

所得税と住民税

所得税と似ているので混乱しやすいのが、地方自治体に納める住民税です。
金額の算出方法や算出する際の対象となる期間の2つが大きな違いです。
所得税の税率や算出する計算方法は日本中どこでも一緒です。
例えば、東京から大阪に引っ越した場合でも税率は変わりませんが、住民税の場合は地方自治体ごとに税率は異なるので、隣町に引っ越した場合でも住民税が変わります。

算出する際の対象となる期間の違いで考えると、所得税が今年の1~12月まで、住民税は去年の1~12月までの所得をベースに算出されます。
ちなみに住民税は普通徴収と特別徴収の二つの支払い方法があり、普通徴収は個人事業主や無職の場合、自宅に納付書が送られた後、コンビニでの支払いができます。
特別徴収は、原則として会社でお給料から天引きされますが、会社勤務でも住民税が天引きされていない場合は、普通徴収になるので確認しましょう。


▲ TOPへ戻る